パチンコ屋で

会議

マーケティングは、ビジネスには不可欠です。利用者の把握とニーズをくみ上げて、さらなるサービス向上に努めていかなければなりません。
その顧客管理システムを自社で構築するとなれば、大変なランニングコスが負担になるので顧客管理専門の業者のシステムを活用している企業が増えています。
顧客管理ソフトの販売会社もあれば、それ自体をアウトソーシングする形態もあります。自身の会社で運用管理するとなると大企業では、人事コスト・時間的コストがかかりすぎます。

▼顧客管理
パチンコホールで使用される顧客管理は、ホールコンピューターのオプションでついていて、本来のホール管理の他にパチンコホールの、メンバーズカード会員を顧客管理します。
メンバーズカード会員は、貯玉・貯メダルができる特典がある場合が多いです。
それで、その会員の貯玉、貯メダルの数の管理をサブコンピューターで顧客管理しますが、各サブコンは、メインのホルコンに繋がています。サブコンは、ホルコンから顧客の玉、コインの数データを受け取り顧客管理します。

▼管理している顧客データ
ホールコンピューターは、メインのソフトで顧客情報は管理していません。メインのホルコンは、顧客を顧客番号で認識しているだけで、顧客名や顧客の住所等は、ホルコンの中にはありません。
顧客管理用のサブコンが、顧客情報を管理していて顧客にダイレクトメールを出したとか、昨今は、Eメールアドレスの管理もしています。
これにより、このサブコンのメール作成といっせい送信するソフトにより、パチンコホールの会員にチラシ等を新聞折込しなくても、情報発信できます。

▼既製品と連動が可能
同メーカのソフトであれば作成した伝票データなどをこのソフトに転送する事が出来ます。顧客管理と販売管理の連動を実現出来ます。
この事でいちいち買い直す度に入力する手間が省けるので時間とコストを大幅に削減出来るのがこの運用管理ソフトの利点です。
社内データの一括管理も出来ます。日常業務で蓄積される様々な社内データを管理して商談の進捗状況や見込案件管理、ユーザーアンケート管理、セミナーや会議の管理など社内業務に合わせて自由自在に活用出来るのも魅力です。

顧客管理の重要性

顧客管理

企業における重要な業務が営業活動です。その営業活動において管理しなければならない情報として、顧客情報があります。つまり顧客管理です。顧客からの問合せや商談情報を管理したり、顧客担当者の情報を管理します。
これらの情報を管理することにより、顧客に対するアプローチ、顧客の欲しているサービスや商品、顧客のステークホルダーを正確に把握することでより効果的に営業活動を行うことができます。
また、商談状況を随時更新することで、企業にとっての見込み客、売上予測の精度向上につながり、安定した企業経営につながるのです。

▼顧客管理ソフト
顧客管理に必要なシステムやソフトウェアは近年、多種多様になっています。最も手軽にはじめられるものとしては、Excelなどの表計算ソフトを利用した方法です。独自に項目を決められ、自由度が高い反面、複数人での情報共有には難があります。
最近ではセールスフォースやマイクロソフトのDynamicCRMといったオンラインで提供された顧客管理システムを利用する企業も増えています。これらはシステムを保有する必要がないため、運用管理コストを削減することができます。

▼システムの運用管理
顧客管理システムは自社開発であっても、ASPサービスであっても運用管理は発生します。自社開発であればハードウェアの運用管理から、システムの仕様変更等のカスタマイズを継続して行う必要があります。
ASPサービスであれば、ハードウェアの運用管理は省くことができますが、顧客データを最新の状態に保つなどの管理は必要となります。
システム導入したことで満足せず、継続的に利用し、データの価値を高め、企業経営に貢献する運用が必要です。

GreenStyle theme is brought to you by Quasargaming.com online slot games such as Novomatic games, Novoline games and Gaminator games.